乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

LaLaDX

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLaDX 2016年9月号掲載)

純血の君として皆に崇められている優姫はヴァンパイアが経営する飲食店にやってくる。

「今日の夕刻…零を襲ったおろか者がいた…バカなことをしなければ彼に殺されちゃうこともなかったのに…」

頭を下げている店主に向けて、訊ねた。

「あれは、貴方の従者だよね…」

店主は真っ青になりながら、自分は指示していないと答える。

「恐れながら若き純血の君。貴女様のお傍近くに仕えている者はどうか存じませんが…貴女様とあのハンターの男の仲睦まじい光景を喜ぶ同胞は、ほとんどおりますまい…どうかお相手には純血の男君をお選びに…」

「…まさか、貴方がたが崇めてくる対価として、私にはその義務がある…なんて言わないわよね…」

一歩も引かない優姫に、若いウェイトレス姿のヴァンパイアが意見した。

「よーするにぃですねぇ。私たちの大切で大切で貴重な純血のお方が、このままじゃどこかの元宿敵に子供産まされちゃう!そんなのすっごくムカつく!から暴れて阻止してやる!って奴が多いんですよ。」

「残念ながら、その通りみたいなんだよね…」

優姫は冷たい表情で武器を作りだした。

「どうせ零か私に返り討ちにされるんだから、無駄に命を捨てちゃダメって言いに来たの…」

みな恐ろしい表情で優姫を見つめる。


一方、ハンター協会本部でも同じことが起きていた。
優姫と零の仲を良く思わないハンターの面々が零の周りを取り囲んでいた。
「別れて…ください!」

「…悪いが、もう一度優姫を俺から拒絶することは絶対にない」
若いハンターたちに衝撃が走る。

「じゃ、次の協会長に俺が相応しくないっていうんなら、協会長にそう申し立ててくれ。俺は武器さえ取り上げられなきゃどうでもいい。」

「先輩!申し立てなんかしませんよ。純血の彼女さんの問題とそこは別ですから。俺達若いのは先輩ほど次の協会長に相応しい奴はいないって思ってますよ。先輩の仕事ちゃんと見てきたんで。ただ、俺たちも…たぶん吸血鬼たちも二人の仲が進むのを良く思っている奴は少ないです。このままでいいんですか?」

零は後輩のハンターたちにとても慕われている様子。


吸血鬼が人間界に明るみに出てから、どう付き合っていくか議論がかわされていた。
優姫の親友、若葉沙頼の父は議員として、ハンター協会の協会長・黒主かいえんと共に今後の吸血鬼の在り方について話し合っていた。

「…ところで、私の娘、沙頼のことなんだが…結婚するつもりで付き合っている人がいるから、婚約者との話はなかったことにしろと言ってきた。」
父は苦笑いを浮かべる。

「聞けば相手は化学技術の分野で裏で力をつけてきた藍堂家の長男…藍堂英くん。彼はどんな人物なのか…」

黒主はにっこりほほ笑んで、若葉議員に答えた。
「そうですね…何度か会ってみればわかりますよ。お嬢さんには余計な苦労をしてほしくない…そのお気持ち私もよくわかります。うちも生まれついた血統故の苦労から、いつか…義娘が解放されてほしくて私は動いているんですから。」
黒主の脳裏に優姫の顔が浮かぶ。


沙頼は藍堂と2人研究室で、窓の外から星空を眺めていた。
藍堂が顔を覗き込む。
「どうした?」

「今日は夜空の星がものすごく綺麗だなぁって。眺めていたんです。でも…あれ?そんな感動することあったっけ?って。ああそっか、英くんがいて、私ものすごく幸せ人間だからよけい綺麗に見えるんだって。」
藍堂はそんな沙頼に見惚れる。

「だから私…結婚は慌てないことに決めました。だって、英くんはこうやって私を大切に思ってくれている。」

藍堂は研究室のメンバに見られているのを気にして、沙頼の手を引いて外へ出た。

「…ごめん、すぐ返事できなくて。人間の時間は貴重だというのに…」

「…うんいいの。お仕えしている方をさしおいて結婚なんて…は英くんの性癖なんだと理解しました。」

「…性癖…」
藍堂は微妙な表情。(笑)

二人は立ち止まり、星空を見上げた。
「そうだな…若葉といる今この時のこの星が本当に綺麗に思う…考えれば考えるほどこんな時間若葉以外と分かち合える気がしない。」

「肩…肩抱いてもいいか?」

いちいち了承得る藍堂。くすっと笑って沙頼は頷いた。
2016-08-15-00-21-20


と、突然2人の前に吸血鬼が現れた。
沙頼が攻撃を受けるも、藍堂が必死に反撃した。

「なんなんだお前たち」
藍堂は鬼気迫る表情で、敵を退治した。

「大丈夫か!?怪我は!」

大丈夫だと言う沙頼。藍堂はたまらず沙頼を抱きしめた。
2016-08-15-00-22-08

…若葉がどうして僕を好きになってくれたか思い出して、僕は僕自身の声に従うことに決めた。

「若葉沙頼」
2016-08-15-00-22-35


後日、優姫と零は友人からの嬉しい報告に胸を躍らせた。



藍堂の奥手で真面目なかんじが、可愛かった!











人気投票実施中!ご協力お願いします。


               

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!
LaLaDX 2016年 03 月号 [雑誌]
白泉社
2016-02-10

2016.2.10発売 LaLaDX 2016年 3月号

ニュース
・ヴァンパイア騎士が特別編がコミックス化!
 6月発売予定!
・けだものにロリポップ最終回

連載
赤髪の白雪姫 あきづき空太
金色のコルダ4 呉 由姫
アイドリッシュセブン TRIGGER─before The Radiant Glory─ 種村有菜 小説原作/都志見文太
ヴァンパイア騎士 樋野まつり
けだものにロリポップ 仲野えみこ
勇者と我輩の無人島漂流記 野崎アユ
恋だの愛だの 辻田りり子
世界で一番悪い魔女 草川 為
彼女になる日 another 小椋アカネ
砂漠のハレム 夢木みつる
星の島セレナーデ 八島 時
ぶっこん 塩島れい
switch!! さゆ川さゆ
私の好きなあなたはあなたを好きな私が嫌い 八屋 百
ユキドケ少女と恋の呪い イスズ
2番街のホルガ 湖晴 栞
少年と刺繍師 伊蔵ユズコ

感想
ヴァンパイア騎士 特別編「命の終わりと天国の間」
image1 (19)

=side優姫=
いきなり零が死ぬシーン!
「馬鹿…零らしいよ本当に…
見知らぬ子を庇って終わるなんて」
ボロボロに泣く優姫。
零は愛おしそうに口づける。
image1 (17)

彼の望み通り、最後は優姫が吸血鬼の愛し方で貪り尽くし、
彼は灰となって消えていった。

image1 (18)

=side枢=
優姫のおかげで人間として目覚めた、枢。
枢の様子を見た子供たちの会話。

零と優姫の息子・恋は母が命をかけてまで、
人間としての生を与えた枢につい揺さぶりをかけたと。
image1 (20)

枢と優姫の娘・愛は初めて会う父親に好印象を持った様子。
「姉さんががっかりしなくてよかった…」
好きか嫌いかはわからないけど、
「すごく優しい手の人だと思ったよ…」

=side星煉=
星煉が枢との出会いを、愛達に語る。
枢の餌となるために育てられた人間の娘、
星乃、夜乃。
枢はそんな幼い2人を逃がす。
image1 (21)

ところが途中で車を降りた際、吸血鬼に襲われた。
夜乃は死に、星乃は息絶え絶え。
知らせを受けて駆け付けた枢は、
星乃の命を救うため血を吸い、吸血鬼にした。
「今夜からきみは星煉だ」

=end=
私たちがちゃんとけじめをつけようと決めたのは
一番の親友の終焉を見送った、一年くらい後だった。
image1 (22)

色々な時代の話が細切れになっていたけれど、
気になっていたシーンが読めてとても満足!

恋だの愛だの 第38話
椿くんと付き合うことになってかのこ。
異性と付き合うのが初めてだから、
いまいちどうしていいのかわからない…
今まで通りって何だっけ。。

2人の交際が学校にはあっという間に知れ渡り、
会長も出てきて、何かギクシャクする。
でも、2人はちゃんと話してお互い誤解を解き、
やっぱりラブラブなのでした。
image1 (23)

次回最終!

赤髪の白雪姫 特別編
鹿月と巳早が白雪に会うため、リリアスにやってくる。
鹿月はさらに美少年度が増しましたね!
白雪より背高いし!
image1 (15)

駆け寄って来て抱き着く鹿月がかわいい。。
一同一緒にご飯を食べて、仲間のもとへ帰って行きました。

砂漠のハレム 第12話
海賊船を始末するべく、アーレフ王が乗り込んでくる。
モルジアナを剣で刺したアーレフを目前にして、
衝動のままに、剣を持って彼に襲い掛かる。

寸前でカルムが剣を握り、止める。
「…落ち着け、ミーシェ」
動揺しているミーシェを前に、
カルムはアーレフの前に頭を下げる。
「我が妻の非礼をお詫びします」

そして、海賊は自分が保護するよう交渉すると。
アーレフは明け方までに話がつかなければ、
攻撃を再開すると自分の船にもどっていく。
去り際、ミーシェに声をかける…
「カルムが拾ったと聞いて、どれ程の娘だったのかと
少しは期待していたが…所詮奴隷だったな」

その夜、ミーシェはカルムに打ち明けた。
「私ね、アーレフ王の妻になりたかったの」
道具じゃないことを証明したかったが、結局捨てられた。
今も同じ。
あの人に何も言い返せない。
「この先私はあなたの妻としてどうふるまえばいい?」
image1 (16)

カルムは彼女を抱きしめた。
「自分で考えろ、得意分野だろう。
ただ言うことを聞くなどお前らしくもない。」
カルムの腕の中でミーシェは涙をこぼした。

次回はミーシェがアーレフの元に行き、
その隙にカルムがモルジアナを助ける作戦らしい。

アーレフの目的は海賊などではなく、
実はミーシェなのかも。。気を付けて…

けだものにロリポップ 最終話 
紫園寺くんの家に乗り込んだひまり。
父親と会うことに。
ひまりを価値のない女とののしる父に、
千は言い返す。
「俺はひまりがあなたより価値のない人間だとは
思っていません。
生き方は自分の意志で決めたいんです。
紫園寺家を出ることを許してください。」

後日、学校にやってきた紫園寺はイギリスの学校に
転校することを伝える。
自由に生活して良い代わりに、イギリス支社を支える
という条件で落ち着いたらしい。

「俺は長い間ずっと猫になるのが嫌だった。
でも、いつもはろくに目も合わせないお前が、
俺が猫の時は笑うから、これが俺なのかもしれないと
そう思えたんだ。」
ひまりは何も伝えられないまま、紫園寺はイギリスへと旅立つ。
image1 (24)
ひまりは決意しイギリスまで彼を追いかけることに!
会いに行って、好きだと伝えた。

image1 (25)

可愛かった…!



↑このページのトップヘ