乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

花とゆめ

※一部ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

キジャとシンアはスウォンを前に戦闘モード。
龍爪にどよめく兵達だったが、スウォンは触れたいと申し出る。
龍の力を忌み嫌わない様子に驚きを隠せないキジャ。
自分たちは四龍の戦士で、緋龍王の生まれ変わりであるヨナに仕えていることを伝える。
しかし、スウォンはまっすぐ言った。
「私が欲しいのは神の力ではなく、人の力なのだから」

キジャは戸惑いを隠せなかった。
姫様とハクの敵なのに、迷いのないまっすぐな瞳が姫様に似ているとさえ思ってしまったと…

一方、逃げるヨナとリリ。
途中兵士に見つかり、矢を射られヨナが足を負傷する。

IMG_1475

リリは決意を固める。
「さよなら。今までありがとう。」

IMG_1440

歩けないヨナを隠し、自ら兵の前へ飛び出していった。
リリちゃんの想いに感動…
ヨナのこと本当に大事に想っているんだね…
ハク達がヨナの負傷を知ったら、あっという間に敵国滅びそう。。



花とゆめ 2016年2号掲載分

第141話 感想

妖狐に戻った巴衛にドキドキする奈々生。
「お前に恋い焦がれていた」
500年前のプロポーズを思い出し、急に緊張するように。
巴衛と神使の契約、キスが恥ずかしくてできない…
(何回もしているのに…笑)
巴衛の表情がたまらん!
IMG_1369


突然やってきた大国主が黒麿の代わりに、
巴衛を人間にするという。
喜ぶ二人だったが、ミカゲが止める。
「奈々生さん、巴衛が人間になるということは、あなたも人神ではなく人間の娘として生きていくということですよ。」
人神でなくなったら、もうミカゲ社にはいられない。
果たして、二人はどんな決断をするのか。。。

↑このページのトップヘ