乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

画バレ

※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください

Story (花とゆめ 2017年5号掲載)

エスターは身支度を整えながら、自分を奮い立たせていた。
私にできることは、これしかない

その頃、レオンも一人暗い牢屋の中で、
ただ一点を見つめながら、何かを思案していた。

ふと、牢の窓に何かが降り立った気配を感じる。
2017-02-05-10-57-55
続きを読む

※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください。


Story (マーガレット2017年5号掲載)
2017-02-04-02-23-22
続きを読む

※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

Story
それぞれの答え(BELOVE 2017年4号掲載)

うーん…
年頃の娘で、この髪型はやっぱり相当目を引くらしい

路の往来で、鈴子は少し困った表情。
道行く人は、皆揃って彼女を振り返る。
ひそひそ話まで耳に届いてきた。

そりゃあ、めずらしいものね…
楽なんだけどな

知人達の反応は、それはもう酷いものだった。
おじい様はカンカンだし、河内や手瑠璃ちゃん、手茉莉ちゃんも大騒ぎ。

「え~~~出家!?」

「女の命が!!」

「この衝撃!!書き留めますわ!」

ただひとり…
2017-02-01-00-14-30
続きを読む

※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

Story (LaLa2017年3月号掲載分)

第一王子メフライルはミーシェの側に寄り、王妃に告げた。

「母上にとって邪魔な存在なら、この娘、私がもらっても良いでしょうか?」

カルムは、兄の真意を探るような視線を向ける。
王妃も何を思案しているのか、無言のまま。
辺りはシンと静まり返る。

張り詰めた空気を破ったのは、ミーシェ。

「…い、一体どういう事ですか、何で、私を…」

「兄上」

カルムは彼女を背に庇うように、メフライルとの間に割って入った。

「少々不躾ではありませんか、主人である俺の前でこの娘を欲しがるとは」

「ああ、妻にしたいわけじゃないよ。私の後宮には合わないから…あっ、元気があるのは良いことだと思うよ?」

「む、無理にフォローしなくていいです」

ミーシェの適切な突っ込みに、メフライルはふっと表情を緩めた。

「母上に追放されるよりは、私が貰った方が良いだろう?」

「利用すると分かっていて、大人しく引き渡す訳が無いでしょう」

ミーシェは何が何だかわからないと言った様子。
王妃は、王子達ではなく、そんな彼女の姿を観察していた。
そして、近くに控えていた従者に声をかけた。

「…その木剣を二人に渡せ、余興だ」
2017-01-26-22-17-18
続きを読む

※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください

Story (花とゆめ 2017年4号掲載)

有能な神々が集まるオリンポス十二神の会議にて、ゼウスは提案した。

「諸君の意見を求めたい。冥王ハデスをオリンポス十二神に迎えるべきか否か」

一瞬、シンとした空気が漂う。
それを明るい雰囲気で破ったのは、ハデスの姉、デメテル。
2017-01-25-01-24-04
続きを読む

↑このページのトップヘ