乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

木々

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年9月号掲載分)

2016-07-24-00-05-25
ふろくのはがき絵がかわいい~
木々とミツヒデの距離がたまらん…




「ベルガット家から木々どのに縁談…」

ヒサメ、木々、木々の父・セイランは3人で話し合う。
事件とセレグ騎士団に入団したベルガット家の者たち、そして縁談の申し入れ、全てが偶然とするには集中しすぎている…と懸念するセイラン。
どう動くか?木々は驚くことを言い放った。

「ルーギス伯爵家から先に縁談があり、そちらの話が進んでいる。と返事を」

「・・・・・・・・・・・・・ルーギス?」
驚く、木々父。
2016-07-23-11-45-53

「ヒサメどのが、私が使える札としてくださったのです。」
ヒサメが木々に求婚したのは、木々が動きやすくなるための一つの手段だった。
ルーギス家が相手ならば身代の規模としても軽くは扱えない。歴史の古い一族であった。

「ルーギス家との縁談がうまくいっているということにして、こちらから探る時間を稼ぐつもりです。」

「・・・なる程な…わかったその手をつかおう。」

屋敷の外で出かける身支度を整えている最中、
ヒサメはセイラン伯の側へ寄り、尋ねた。

「僕との縁談がこのまま本当になったらどうします?」

「…その可能性を考えず実行に移すと思うか?私と木々が。」
セイラン伯は苦笑いを浮かべた。

「まさかとは思うが、最終的にそう持っていくつもりであって動いているんじゃあるまいな?」

「まさか」
ヒサメもふっと笑みを浮かべた。

「足をかけたくない踏み台というのも、あるんですよ」



一方、ゼンとミツヒデ。
2016-07-23-12-02-11

2人もこれからの出方を相談していた。
「まず、相手の事をしらないとな」

ベルガット家の2人、ツバル・タリガを食事に誘う。
「殿下方にお話しを伺えるとはセレグに来た甲斐があるというものです。私もツバルもウィラントからはあまり出ることもなかったですから。」

歓談中、木々とヒサメが戻ってきた。
「木々!無事会えたか?」
ゼンとミツヒデは立ち上がって、木々に尋ねた。うなずく木々。
木々はちょうど良いと、ベルガット家のツバルに目を向けた。
2016-07-23-12-03-58



自室で話す、ツバルとタリガ。

「縁談の事を聞いているのか聞かれたよ。まさかヒサメ副団長がでてくるとは思わなかったな。」

「自分をおとりに犯人を誘い出すつもりかもしれない…」

「…ゼン殿下が遠からずハルト様のもとに来るだろうという推測はかなり可能性の高い話だ。そうすればいずれ、殿下がウィトラント城主となって北の目付け役となる。その時に俺が木々どのと婚姻関係にあるかどうかは、ベルガット家にとって大きいからな。」


翌日、ゼンはヒサメに忠告した。
ゼンはベルガット家の2人と話して、どうもベルガット家の人間としてここにいる気がしないと感じていた。
「巡回中気を付けろ、木々との話はもう誰に伝わっていてもおかしくない。」

そこに、突然西側の丘でけむりが上がっていると報告が入った。
「煙?」

「我々が確認してきます。」

現場に駆けつけると、ただ布のような荷が燃えているだけだった。
ベルガット家の2人があたりを調べていると…

2016-07-23-11-44-16

「!!どうした!!」

ツルバを庇ったタリガが腕を負傷した。
ベルガット家の2人は、驚きの表情で無言のままだった。

「大丈夫か!林だ逃がすな!」
ヒサメは驚いた、ベルガット家が狙われた!?今の顔は…

一方、ゼンの元にはウィスタルより近衛兵団の急使が参られたと連絡があった。


ハラハラの展開でしたね。
…急使ってもしかして、オビ?笑







赤髪の白雪姫 Vol.11 <初回生産限定版>【Blu-ray】
早見沙織
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-07-27


赤髪の白雪姫 Original Soundtrack 音楽:大島ミチル
大島ミチル
ワーナー・ホーム・ビデオ
2016-03-23


※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年8月号掲載分)

ヒサメが木々に結婚の申し込みをしてくる…とミツヒデ、ゼンに伝えて立ち去って行った。
ミツヒデはこの上なく動揺。
IMG_2579 (2)

「間抜けな顔になってるか?」

「そりゃ、あのヒサメどのに今から木々に求婚すると宣言されればな…」
ゼンとミツヒデの間に何とも言えない空気が流れる。


ヒサメは木々に声をかけた。
「もう夜だし立ち話もなんだよね。僕の部屋でもいいんだけど。」

「…話というのは?」
ヒサメの口説き文句にも真顔でスルーの木々。笑

「木々どの口説き文句くらいは目を伏せてみせたりしてもいいと思うよ。」

「ヒサメどのの口説き文句はその程度ではないのでは」

「…どうだろうね。口説いてみせようか。」
IMG_2596 (2)

口説くというか、プロポーズ!笑


一晩あけて…
悶々としながら城塞の中を行ったり来たり、ウロウロするミツヒデ。

「どこまで訊いていいものか…」

一人で考えていると、頭が重い。とはいえゼンにあまり間抜けなところを見せたくないからなぁ…
オビがいたら付き合ってもらうところだが。
落ち着け、まず面白がられるにきまってる…

ふと背後に木々が。
「おはよう」

「…お、オビ」
動揺してなぜかオビの名前を出すミツヒデ。笑

「私が黒髪に見えるなら顔洗って来たら」

「…いや、寝ぼけてない…;」

木々が話があると、ゼンとヒサメも加えて語りだした。
「襲われた3人ですが、セイラン家の婿となる有力候補だと言われている方達なのだそうです。」

貴族が襲われ続けている事件に自分が関わりあることを告白した木々。
木々の結婚相手候補は5人だと噂されており、その中の3人が襲撃されていた。

ヒサメはセレグ騎士団に入団したばかりの有力貴族ベルガット家の双子が怪しいと踏んでいたが、
いまだ何も動きはない。

「ゼン殿下、私は今のうちに家に行って父上と話をしてきます。」

「待て、木々は標的にならんとは言い切れんだろ。」

しかし、自分の家にかかわることだからと殿下の制止を振り切る。木々にはヒサメが付いていくと。
「何者かの仕業かも狙いもまだわからない。ミツヒデは殿下の側に。」
IMG_2583 (2)

「…わかってる。気をつけろよ。」


セイラン家に到着した木々は、父と話をする。
「…何者かに襲われた騎士3人が皆木々の婿候補とささやかれているのは本当だ。実際私も真剣に考えている相手ではある。が、そうも言っていられなくなった。」
IMG_2581 (2)

「相手は大貴族のベルガット伯爵家だ。お断りしますと簡単に突き返せる相手ではない。」


一方、リリアスのオビと白雪の元に、ゼンから伝令が届いた。
オビは伝令を運んできた従者から噂話を聞く。

「い…一連の貴族が襲われている件について…」
IMG_2582 (2)

「はっ?」



動揺しまくりのミツヒデがかわいい…
木々たくさん婿候補がいて大変…ミツヒデ頑張ってほしい。
そして、ミツヒデが予想以上にオビを頼りにしているのね。これは助けてあげて欲しい。








赤髪の白雪姫 Vol.11 <初回生産限定版>【Blu-ray】
早見沙織
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-07-27


赤髪の白雪姫 Original Soundtrack 音楽:大島ミチル
大島ミチル
ワーナー・ホーム・ビデオ
2016-03-23


↑このページのトップヘ