※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(花とゆめ 2016年13号掲載)

リリの元には斉国に捕らわれていた水の民たちが、大勢見舞いに駆け付けていた。
リリは民を救ったのは自分ではなく、ヨナの仲間たちだと面会謝絶にしていた。

そこに見舞いに現れたのはスウォン。
リリはスウォンを見て、ヨナのことを思い浮かべる。彼女の仇であり、また、大好きだった人。
助けたのは自分ではないのだから民に慕われるのはお門違いだと言うリリに、スウォンは…

「奴隷にされ心が折れてしまった彼らにとって、絞首台に立たされてもなお生きる力を失わない一人の少女の姿は、希望であり、英雄だったんだと思います。意味のあることだったんです。あなたが斉国でしたことは。」

リリは涙を浮かべる。
IMG_2533

リリとスウォンが歓談を続けていると、グンテがお見舞いにやってきた。
とっさに目つきがかわったリリは…
IMG_2534

リリが好きなのはグンテ。彼の前で急におしとやかになるリリに呆気にとられるスウォン。
「いや、大したもんだ。いい女になったなリリ。しかも普段は慎ましやかときた。いい嫁になるなぁ。」

グンテからの最上級の褒め言葉にリリの心臓は爆発寸前。笑
彼が帰ったあと…
IMG_2535

しばらくしてスウォンも帰っていった。
スウォンの後ろ姿を目で追いながら、ヨナの事を考えるリリ。

大事なヨナの仇だけど、事情がよくわからないままこの人の全てを否定することはできない。
この人の事をもっとよく知りたい。ヨナのためにも。

その夜、ヨナが尋ねてきた。

「リリ!」
「ヨナぁ…会いたかった!」
抱き着くりり。
IMG_2537

2人は庭で恋バナを始める。
「今日私のすっごい大大大大好きな人がお見舞いに来てくれたのっ」
「えっ、リリの好きな人?どんな人?」
「グンテ様♡」
「…………えーと、グンテは結婚してるよ?」
「…知ってるっつーの。絶対片思いでも好きになっちゃうことってあるでしょ」

恋バナが盛り上がり、ヨナがつい口を滑らせる。
「あ、私もね、あんたみたいなかっこいい女見たことないって言われたよ。」

「え、誰に?」
IMG_2538

「…………ハク」

「え!?ちょ、なに?好きなの?恋人なの?」
IMG_2539

「………おそらく」

「何他人事みたいな報告してんのよ。」
「だって本当ずーーーーっと一緒にいたから今更すぎてっ」
IMG_2540

盛り上がってる最中、突然ハクが現れる。2人はハクの登場に悲鳴をあげるも、本人に話は聞こえていなかったよう。

帰り際、リリがハクを引き留める。
助けてもらったお礼を言うと、ハクもヨナを助けてくれたリリに礼を言う。
…この人かなりヨナの事好きなんじゃない?

最後に斉国で奪われたヨナの荷物をハクに渡す。
「一応確認したけど、すごい高価な簪が入っていたから、それヨナのでしょ。返しておいてくれる?」

ハクは簪をみてつぶやいた。
IMG_2541

またハクは想いを閉じ込めてしまうのかな…
もう我慢せずにぶつけてしまえばよいのに…


最新20巻 3月18日発売↓