※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

花ゆめふろくのスケッチ集より
image1 (102)
かわいい…
image1 (101)


あの日から 
(花とゆめ 2016年8号掲載)

ただ見とれた…
ハク、スウォン…あなたたちが共に在ったのなら、
一体どれだけの事を成し遂げることができたのだろう。
image1 (98)

今、なぜ私たちは
image1 (81)
こんな風になってしまったのだろう…

涙を流すヨナをジェハが気遣う。
「大丈夫...リリが無事でよかった…」

そこへユンが駆け寄って来て、涙ながらにヨナに抱き着く。良かったぁぁぁぁぁ無事だった!
ジェハは戦闘に参加するため、ヨナをユンに任せる。

「ジェハっ…私今すぐハクの所へ行きたい。スウォンが近くにいたの…ハクが…その…心配で。」
ジェハはヨナの様子から何かを悟ったような表情を見せる。
ヨナを兵たちの中に連れていくのは危険だから、今すぐハクを連れてくると言う。
image1 (99)

一方、ハクは腕の中のリリが生きていることにホッとしていた矢先、周りを兵たちに囲まれる。
そこへ現れたのは…
image1 (82)

グンテは複雑な表情でハクと言葉を交わす。
「奴隷は巻き込まれんうちに去れ」

その時、敵は全兵士をハクの元へと送る指示を出す。
大勢がハクへ向かって押し寄せてくる中、さらに助けにやってきたのは…じっちゃん!
image1 (85)
「おい、どこの小僧かは知らんが、ジュンギの娘を助けたこと礼を言う」
ハクは嬉しそうな表情で応える。
「なんだ…」
image1 (83)
テトラ、アユラもやってきた。ハクはリリを2人に任せて、戦闘に参加する。
じっちゃんからもらった飴玉をほおばりながら槍を振るい、敵を次々となぎ倒していく。

そこへ空からジェハが舞い降りた。
「久しぶり。こっちも随分盛り上がってるみたいだね。」
突然の登場に驚くハク。

「彼女は無事だよ。彼女リリちゃんとここから脱出して…」
image1 (86)
何が起こったのかわからず、一瞬固まるジェハ笑
image1 (87)

「ヨナちゃんが早く君に会いたいってさ。」
「…嘘つけ」
片思いこじらせてるなぁ…(ジェハの心の中)

敵を次々倒し、ついにクシビの前に対峙する。後ろから現れたのはスウォン。
国王を前にして混乱するクシビ。頭を抱え震える。
「バカな…そんなバカな話があるか、王自らこんな僅かな手勢で…」

彼を一瞥して、スウォンは言い放つ。
「あなたが先ほど処刑しようとした女性は、水の部族長のご息女です。」
驚きを隠せないクシビ。
「この場で首をはねられても、あなたはいえ、この国は文句は言えませんよ。」

クシビは高華国へ連行され、後日、斉国と会談が開かれることになった。
「斉国はあんな小娘を連れてきたせいで、高華国の属国となるのか」

ハクとジェハはこっそり離脱し、ヨナの元へと急ぐ。
彼女をみて、ホットした表情になるハク。一目散に駆け寄った。
image1 (88)

騒動が落ち着いて、立ち去ろうとするスウォンに、ジュドが問いかける。
「お待ちください。このままあの男を返すおつもりか?」

…!
どうなる…


最新20巻 3月18日発売↓