※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

記憶の底 (BELOVE 2016年7号掲載)

家を出たところで、平賀と出会った鈴子。
鈴は平賀と婚約していたことを知り、驚く。

好きだった人がいるのに婚約者までいるの!?
なんなの私って!

家へ戻ると春時の姿が。
「春時さんが思い出さなくていいって言ったのは、私が手に負えないふしだらな妹だからなんですね!」
混乱した鈴子は家を飛び出し、誰かに相談しようとする。

そこに、平賀と津軽が話している姿が…とっさに隠れる鈴子。
どうやら津軽が平賀に鈴子の状態を話しているようだ。

「平賀君、君は忘れられてどう思った?」
平賀はたいして実感がないと、鈴との思い出も少ない。
「うらやましいな…私は世界が一転したよ。」

その場を立ち去った鈴は一人お茶屋さんで考える。
津軽の言葉を思い出し・・・
ああいうふうに言わせたのが私のせいなら、知らなきゃいけない…

突然、女性のセリフを思い出す。
「なぁんにも知らないんだね」

あれ?なんだろう今すごく嫌な感じ…
考えたくない…

慌ててお茶屋を出ると、鈴を探していた春時に出会う。
鈴子を心配する春時。

image1 (65)

彼に絶対の信頼と好意を抱く。

一方、津軽は河内に鈴子が平賀と婚約のフリをしていたことを明かす。
秋山氏を避けているわけにはいかない…2人そろって家を出ようとした時。

津軽は突然立ち止まる。
そこには春時へ笑顔を向ける鈴の姿が。

image1 (66)

津軽は鈴たちに話しかけることもせず、その場を立ち去る。

image1 (67)

津軽に戻って話しかけるように言う、河内。
しかし津軽は…
「あの子の中の私はもう違うようだから。記憶が戻ったとしても、もう今までのようには戻れないだろう。」

image1 (68)

昼間の月が消えそうだ。


さのじと往来を歩いている途中、鈴子は思いがけない人物に出くわす。
image1 (69)

愛染…!
鈴子に記憶がないことを確かめ、何か企んでいる様子…

次回が気になる。