乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

LaLa

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年9月号掲載分)

藤くんへの気持ちに気付いた芽衣。
私は藤くんの隣を奪われたくないんだ。

模擬挙式から助けてもらったお礼を言う、藤くん。
「ありがとう。仙石さん」
2016-07-24-15-37-34
「そうか。じゃあ伝えないとな。大事な話を。」

「…え、だ、大事な話?」
突然の真剣モードにドキドキする藤くん。

「七緒先輩に」
えーーーーーーーっ

「なんでここで七緒!?何の話!?」

「2人の問題だから言えない。」
!!!!!!!全力でとまどう藤くん笑。


翌日、七緒先輩を捕まえようとする芽衣だったが、なかなかつかまらない。
藤くんはいつも以上に絡んでくる。芽衣がなんの話をするつもりなのか、不安になっていた。
2016-07-24-15-39-15

「…藤君、君は本当に素直なんだな。私が悪かったよ、藤君が気にすると考えればわかるのに言うべきではなかったな」

いい雰囲気になってきたと思ったら、七緒先輩乱入。
「帰ってきたぞ」

芽衣は七緒先輩にかつがれ剣道場に連れていかれた。

「では勝負」
胴着に着替えた2人は剣を交える。芽衣の一撃で勝負は決まった。

「…また俺の負けか。…答えが出たんだな、仙石。」

「ああ、すみません。あなたの気持ちには応えられない。」
2016-07-24-15-38-13
「藤だろ、知ってた」

「知ってた!?」

「俺も西郷も藤の姉も姫も多分知ってた。気付いていないのは、仙石と藤だけだ。」

「う…うそだろ。」

「俺は仙石に勝負で勝ったらもう一度告白するつもりだった。だが、勝つ前にお前に好きな奴ができてしまったからな。がむしゃらに強くなりたい気持ちや自分の決めたことを貫けなかった弱さが敗因だ。」

七緒は仙石に手を伸ばすと、頭をくしゃくしゃなでた。
2016-07-24-15-38-35
「頑張れよ。」
手を放し、出口へと向かった。

「七緒先輩!私はあなたを弱いとは思わない。1人の人間として尊敬している。どうかこれからも私の良きライバルであってほしい。」

「仙石、これで俺も前に進める。次の勝負簡単に勝てると思うなよ。」

まじめな表情がさっとすり替わった。
「別れさせてみるがいい、現・藤の恋人である俺を!!」

…ああ、すごい鬱陶しいライバルができてしまった。。




七緒先輩、いい人…好感度あがりました。。


予約受付中↓








※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

砂漠のハレム 14話
(LaLa2016年9月号掲載分)

待ってた!LaLaで連載開始しました!
2016-07-24-00-05-46


カルム王子が南州を統治してから5年目。式典が開かれることになった。
出張から帰ってきたカルムは30人の側妻たちに式典で着るドレスを用意し、妻たちへプレゼントした。

ところが、奴隷上がりのミーシェは…
「いらない。そんな高価なもの貰えないもん」

その様子を見ていた他の側妻たちはひそひそ話をする。ミーシェにも聞こえる声で。
「やっぱり、奴隷出身だし、似合わないことをよくわかっているのね」

ミーシェは書庫で本棚にうなだれかかっていた。
…図星ですがなにか?
生まれてこのかたドレス選びなんてしたことないよ。皆美人でセンスのある他の妻たち。
彼女に並んだら自分がひどく子供に見えるのをミーシェは分かっていた。
そんな姿、カルム王子に見られたら嫌だもん…

ふと隣を見ると…カルム王子がじーーーーっとミーシェを見ていた。

「うわぁ!!!!カカカルム王子!?びっくりさせないでよ。」

「お前式典に出ないつもりか?」

ミーシェはきょとんとする。
「え?だって側妻は参列自由なんでしょ?」

「…欠席するといいながら、このような本を読んでいるし、本当は出席したいのではないのか?」
カルムはミーシェが落とした分厚い本を手に取る。南州の歴史書だった。

「…一応、側妻だし、カルム王子がしてきたことは知っておきたいと思っただけよ。この先何か力になれることもあるかも知れないしさ。」

カルムは嬉しそうに微笑みながらミーシェを見つめた。
「…そうか。ではついて来い。南州の事を手っ取り早く教えてやる。気分の良いものではないがな」
そういうとカルムはミーシェを王宮の一室に案内した。

その部屋には…たくさんの絵が飾られていた。朽ちた建物、飢えたこどもたち、娼婦の絵。
「…これは俺が治める前の南州の姿だ」
無表情で絵を見上げるカルム王子。

「…今南州はとても豊かだよね。どうやって変えたの?」
「色々やったが、…そうだな、官僚たちと協力し、性別問わず働ける環境を作り、力のない貴族や貧しい女性を後宮に入れ、家名や家族を守らせることもした…丸4年かかってしまったがな。」

…本当にすごい人なんだな。
「…少し出たくなったな式典。あなたにとって大切な行事なんだね。」

カルムはふっと笑うと、突然ミーシェの後ろに回った。
2016-07-24-14-44-42

「アデニウムオベスム。砂漠のバラの色だ。お前のような花の色だと思ってな。」

え、わざわざ選んでくれたの?
ちょうどよい機会だ、少しは身なりを整える事を覚えろとミーシェに伝える。

2016-07-24-14-44-48
「…かもしれんがな」
また明日、と部屋を出ていくカルム。
ミーシェは真っ赤になり、その場にへたり込む。
「…たらし王子」


そして式典当日。
式典でカルム王子の胸に記念バッジをつける役目を担っている側妻コレルが、他の側妻たちともめている現場に遭遇するミーシェ。いがみ合っている勢いで、コレルのドレスの袖が破け、大事な記念バッジがベランダから茂みへ投げ出された。

「!!!」
「もうすぐ式典はじまるわよ…どうするのよ…」

その様子を見ていたミーシェはドレスを脱ぎ、コレルへ投げた。そして、下着姿のまま、ベランダから飛び降りた。
「ま…待て!正装でなければ式典には参列できないぞ!」
「成功させることのほうが大事です!」

軽い身のこなしで木を伝っていくミーシェ。
しかし、足を滑らせ…
「ミーシェ様っ!」

侍女たちが目をつぶったその時…
2016-07-24-14-45-32

白馬に乗った王子様!
正装したカルム王子がミーシェをキャッチ。

「なぜその様な姿で木登りをしている。ドレスはどうした?」

「…ごめん、人にゆずった。」
ミーシェはばつが悪そうに、下を向いて答えた。

「…そうか、仕方がないな。式典の欠席を許可する。」


式典は始まり、コレルは無事にミーシェのドレスを着て役目を終えた。
カルム王子のスピーチ。

「俺はいずれこの国の全てを手に入れる。」
でかいこと言ったーーー!

「南州の地は、かつて要らぬといわれた人間達の不断の努力によって繁栄がもたらされた。どのような者にも国の宝になる権利があるのだと、差し伸べた俺の手を取り証明してみせた。そんな南州の民たちを誇りに思う。」
国民の皆がカルム王子の話を聞き入っていた。

「そしていつか、この国全ての民たちに手を差し伸べる王を目指す。」
王宮の窓から見ていたミーシェも心を動かされた。ああ、なんて器の広い人なのか。

ふと、カルム王子がミーシェを目にとらえて演説をつづけた。
「…その姿をこの先側で見届けると良い。」

こんなにちっぽけな私のことも、いつでも気にかけてくれる…



カルムが会食に向けて準備をしている最中、ミーシェが尋ねてきた。
そこには正装したミーシェの姿。
2016-07-24-14-47-02
「…ドレス、返してもらったの。せっかく選んでもらったから…」

「…悪くない。良く似合って…」
「さあ、思う存分笑え!!!!」

「…は?」

「服に着せられているって自分でも思った!っでも!今だけだから!」
カルム王子が国の頂点を目指すように、私は後宮の頂点に、彼の正妻になってみせる。誰よりも近くにいるために…

啖呵を切ったミーシェを見て、カルムは思いっきり吹き出す。
「まさか…笑われるために強面で着飾るものがいるとは…っ」
笑が止まらない。

「確かに胸の部分の布は余り、腹はきつそうだ」
そういうのは見なくていいっと怒ったミーシェの手を引いたカルム。

「だが安心しろ、お前が美しくなる方法は俺がよく知っている。」
2016-07-24-14-46-48
ミーシェの胸元のリボンを加えてほどいたカルム。呆然としつつ、真っ赤になったミーシェ。
「…先に言っただろう。砂漠のバラは赤色に染まるお前のような花の色だとな。」
リボンを加えたままにっこりと笑う、カルム王子。

さすが、けだもの王子!笑















※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年9月号掲載分)

2016-07-24-00-05-25
ふろくのはがき絵がかわいい~
木々とミツヒデの距離がたまらん…




「ベルガット家から木々どのに縁談…」

ヒサメ、木々、木々の父・セイランは3人で話し合う。
事件とセレグ騎士団に入団したベルガット家の者たち、そして縁談の申し入れ、全てが偶然とするには集中しすぎている…と懸念するセイラン。
どう動くか?木々は驚くことを言い放った。

「ルーギス伯爵家から先に縁談があり、そちらの話が進んでいる。と返事を」

「・・・・・・・・・・・・・ルーギス?」
驚く、木々父。
2016-07-23-11-45-53

「ヒサメどのが、私が使える札としてくださったのです。」
ヒサメが木々に求婚したのは、木々が動きやすくなるための一つの手段だった。
ルーギス家が相手ならば身代の規模としても軽くは扱えない。歴史の古い一族であった。

「ルーギス家との縁談がうまくいっているということにして、こちらから探る時間を稼ぐつもりです。」

「・・・なる程な…わかったその手をつかおう。」

屋敷の外で出かける身支度を整えている最中、
ヒサメはセイラン伯の側へ寄り、尋ねた。

「僕との縁談がこのまま本当になったらどうします?」

「…その可能性を考えず実行に移すと思うか?私と木々が。」
セイラン伯は苦笑いを浮かべた。

「まさかとは思うが、最終的にそう持っていくつもりであって動いているんじゃあるまいな?」

「まさか」
ヒサメもふっと笑みを浮かべた。

「足をかけたくない踏み台というのも、あるんですよ」



一方、ゼンとミツヒデ。
2016-07-23-12-02-11

2人もこれからの出方を相談していた。
「まず、相手の事をしらないとな」

ベルガット家の2人、ツバル・タリガを食事に誘う。
「殿下方にお話しを伺えるとはセレグに来た甲斐があるというものです。私もツバルもウィラントからはあまり出ることもなかったですから。」

歓談中、木々とヒサメが戻ってきた。
「木々!無事会えたか?」
ゼンとミツヒデは立ち上がって、木々に尋ねた。うなずく木々。
木々はちょうど良いと、ベルガット家のツバルに目を向けた。
2016-07-23-12-03-58



自室で話す、ツバルとタリガ。

「縁談の事を聞いているのか聞かれたよ。まさかヒサメ副団長がでてくるとは思わなかったな。」

「自分をおとりに犯人を誘い出すつもりかもしれない…」

「…ゼン殿下が遠からずハルト様のもとに来るだろうという推測はかなり可能性の高い話だ。そうすればいずれ、殿下がウィトラント城主となって北の目付け役となる。その時に俺が木々どのと婚姻関係にあるかどうかは、ベルガット家にとって大きいからな。」


翌日、ゼンはヒサメに忠告した。
ゼンはベルガット家の2人と話して、どうもベルガット家の人間としてここにいる気がしないと感じていた。
「巡回中気を付けろ、木々との話はもう誰に伝わっていてもおかしくない。」

そこに、突然西側の丘でけむりが上がっていると報告が入った。
「煙?」

「我々が確認してきます。」

現場に駆けつけると、ただ布のような荷が燃えているだけだった。
ベルガット家の2人があたりを調べていると…

2016-07-23-11-44-16

「!!どうした!!」

ツルバを庇ったタリガが腕を負傷した。
ベルガット家の2人は、驚きの表情で無言のままだった。

「大丈夫か!林だ逃がすな!」
ヒサメは驚いた、ベルガット家が狙われた!?今の顔は…

一方、ゼンの元にはウィスタルより近衛兵団の急使が参られたと連絡があった。


ハラハラの展開でしたね。
…急使ってもしかして、オビ?笑







赤髪の白雪姫 Vol.11 <初回生産限定版>【Blu-ray】
早見沙織
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-07-27


赤髪の白雪姫 Original Soundtrack 音楽:大島ミチル
大島ミチル
ワーナー・ホーム・ビデオ
2016-03-23


※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

水玉ハニーボーイ 第24話
(LaLa2016年8月号掲載分)

七緒先輩に真剣に告白され、返事を聞かせてほしいと言われた芽衣。

まだ自分の答えは出ていない。
IMG_2590 (2)

「仙石、自分が納得するまで考えることを悪いとは言わん。それでも答えを出すには十分待った。」

七緒の真剣な告白に頭を悩ませる。
最近ずっともやもやしている私は…何が引っかかっているのだろう。

芽衣は同居している姫野に相談する。

「学ぶに告白された?前からじゃん」

「…返事が欲しいと。」

ここ数日、芽衣の様子がおかしかったことに合点がいった。
ポチか学ぶか…両方だめだな。てか今時交際理由とか適当でいいだろ、重いな仙石。
…まぁ、ポチと学ぶなら学ぶの方がお似合いだと思う。相性的には断然。

「…いや、他人の意見はいらんな。大事なのは他人からみた答えじゃない。」
「…姫」

その時、突然チャイムが鳴りドアを開けると、藤君と姉の一華さんが。

「うふふ、報告に。私この度結婚することになりました~♡」

「ええええええええええ!」
一同驚く。藤君も知らされておらず、ものすごく驚く。笑

「バカーーーー!」
IMG_2592 (2)


明日ドレスショップで試着するから、芽衣にタキシードきて新郎役してほしいと頼む一華。
翌日、式場で衣装合わせを手伝う芽衣と藤君。

着替えている最中、芽衣はぼそっとつぶやく。
「恋愛は難しい…」

「あらあらお悩みかしら。理由なんて何でもいいのよ。私は趣味も生き方も違ったって、邦弘さんという人が好きなの。恋は理屈でするものではないわよ。」

と、そこにスタッフが現れ、藤君がチャペルでの模擬挙式に間違って連行されてしまったことを知る。
一華さんは面白がって模擬挙式の様子をのぞく。芽衣も仕方なく見守る。

藤君の挙式の様子をみて…
将来的にどんな形であれ、藤君とは良好な関係でいたいと思っていた…が。
届かない距離、お似合いの女性。

ああ、これが「友人」の視点。
IMG_2594 (2)

誓いのキスがコールされた時、チャペルの扉があいた。
現れたのは、タキシード姿の芽衣。

IMG_2595 (2)

「君が誓ったのは私だろう!」

「はっはい!」

新郎が新郎を連れてチャペルから逃げる。

七緒先輩。あなたがダメな理由はない。でも、私が藤君の隣を誰にも譲りたくないんだ。



ついにー!!!!
芽衣ちゃん自覚したー!!
次号が楽しみ!




予約受付中↓








※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年8月号掲載分)

ヒサメが木々に結婚の申し込みをしてくる…とミツヒデ、ゼンに伝えて立ち去って行った。
ミツヒデはこの上なく動揺。
IMG_2579 (2)

「間抜けな顔になってるか?」

「そりゃ、あのヒサメどのに今から木々に求婚すると宣言されればな…」
ゼンとミツヒデの間に何とも言えない空気が流れる。


ヒサメは木々に声をかけた。
「もう夜だし立ち話もなんだよね。僕の部屋でもいいんだけど。」

「…話というのは?」
ヒサメの口説き文句にも真顔でスルーの木々。笑

「木々どの口説き文句くらいは目を伏せてみせたりしてもいいと思うよ。」

「ヒサメどのの口説き文句はその程度ではないのでは」

「…どうだろうね。口説いてみせようか。」
IMG_2596 (2)

口説くというか、プロポーズ!笑


一晩あけて…
悶々としながら城塞の中を行ったり来たり、ウロウロするミツヒデ。

「どこまで訊いていいものか…」

一人で考えていると、頭が重い。とはいえゼンにあまり間抜けなところを見せたくないからなぁ…
オビがいたら付き合ってもらうところだが。
落ち着け、まず面白がられるにきまってる…

ふと背後に木々が。
「おはよう」

「…お、オビ」
動揺してなぜかオビの名前を出すミツヒデ。笑

「私が黒髪に見えるなら顔洗って来たら」

「…いや、寝ぼけてない…;」

木々が話があると、ゼンとヒサメも加えて語りだした。
「襲われた3人ですが、セイラン家の婿となる有力候補だと言われている方達なのだそうです。」

貴族が襲われ続けている事件に自分が関わりあることを告白した木々。
木々の結婚相手候補は5人だと噂されており、その中の3人が襲撃されていた。

ヒサメはセレグ騎士団に入団したばかりの有力貴族ベルガット家の双子が怪しいと踏んでいたが、
いまだ何も動きはない。

「ゼン殿下、私は今のうちに家に行って父上と話をしてきます。」

「待て、木々は標的にならんとは言い切れんだろ。」

しかし、自分の家にかかわることだからと殿下の制止を振り切る。木々にはヒサメが付いていくと。
「何者かの仕業かも狙いもまだわからない。ミツヒデは殿下の側に。」
IMG_2583 (2)

「…わかってる。気をつけろよ。」


セイラン家に到着した木々は、父と話をする。
「…何者かに襲われた騎士3人が皆木々の婿候補とささやかれているのは本当だ。実際私も真剣に考えている相手ではある。が、そうも言っていられなくなった。」
IMG_2581 (2)

「相手は大貴族のベルガット伯爵家だ。お断りしますと簡単に突き返せる相手ではない。」


一方、リリアスのオビと白雪の元に、ゼンから伝令が届いた。
オビは伝令を運んできた従者から噂話を聞く。

「い…一連の貴族が襲われている件について…」
IMG_2582 (2)

「はっ?」



動揺しまくりのミツヒデがかわいい…
木々たくさん婿候補がいて大変…ミツヒデ頑張ってほしい。
そして、ミツヒデが予想以上にオビを頼りにしているのね。これは助けてあげて欲しい。








赤髪の白雪姫 Vol.11 <初回生産限定版>【Blu-ray】
早見沙織
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-07-27


赤髪の白雪姫 Original Soundtrack 音楽:大島ミチル
大島ミチル
ワーナー・ホーム・ビデオ
2016-03-23


↑このページのトップヘ