乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

LaLa

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年11月号掲載分)

落石のため一晩中洞窟に閉じ込められていたカルム王子とミーシェ。

「遅くなって申し訳ありません、お怪我は…」

駆け付けたカルムの側近は2人の衣服の乱れ様を見て固まる。

「…もう少し遅れた方がよろしかったでしょうか」

慌てて弁解するミーシェ。

「ち、違います。変な誤解をしないで下さいっ。ほら、カルム王子も説明を!!」
2016-09-24-18-34-17

続きを読む

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年11月号掲載分)

リリアスの城門にて。

オビが伝令から聞いた話を白雪に伝える。

「…それで、伝令の話だと主達のところに使者が行って、ミツヒデさんは拘束されるらしい。」

白雪は驚きの後、すぐに表情を曇らせる。

「…そんな、馬鹿な話が、どうして。」

「トーズっていう騎士が証言している。そこもちょっと探ってくるよ。」
2016-09-24-18-28-01
ミツヒデの笑顔を思い出し、言葉に詰まる2人。

続きを読む

「自分が望んで立つ道は、きっとまぶしい追い風が吹く」
akagaminoshirayukihime
続きを読む

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年10月号掲載分)

式典から数日後。
カルム王子と側妻達はオアシスへピクニックにやってきた。

砂漠サバイバル攻略本をひたすら読むミーシェ。
「砂漠でも年に数回雨が降るとか。そしたら川ができて旅人を困らせることがあるって」

ミーシェがそう側妻たちにレクチャーした瞬間、
突然の豪雨に見舞われ、全員洞窟に避難。そうしている間に川ができ…警備隊と分断されてしまった。

慌てる側妻たち。
「心配ない。この俺がついているのだぞ。」

「しばらくすれば川もなくなる。皆はオアシスで水浴みでもして、のんびり過ごすと良い。」
カルムの言葉に側妻たちは落ち着きを取り戻す。

カルムはわずかな護衛と共に、必要なものを集めに出かけようとする。
そこへついていくと宣言するミーシェ。
「心配はいらんと言っただろう。皆の事はちゃんと守る。」

「守られなきゃいけないのはカルム王子も同じでしょう?あなたの事も心配だよ。だからせめて協力させて」
カルム王子はいつもそうだ。
人の為ばかり動いて、ほとんど人を頼らない。

「…お前の言うことも一理ある。いいだろう共に来い。」

2人は食べ物や必要なものを求めて歩き回る。
ミーシェは役に立とうと張り切るが、結局カルムに遊ばれているだけ。
2016-08-25-17-23-43
続きを読む

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(LaLa2016年10月号掲載分)

ベルガット家が狙われた…!?

ベルガット家の双子のうち1人が負傷。
2人は信じられないといった表情で、その場にうずくまっていた。

「双子!基地へ戻れ!僕が戻るまで動かずに待て」
ヒサメは2人に声をかけた。

その瞬間…

ヒュンッ

「!」
2016-08-25-01-12-16
矢がヒサメの肩を貫いた。
続きを読む

↑このページのトップヘ