※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください

Story (花とゆめ 2017年4号掲載)

有能な神々が集まるオリンポス十二神の会議にて、ゼウスは提案した。

「諸君の意見を求めたい。冥王ハデスをオリンポス十二神に迎えるべきか否か」

一瞬、シンとした空気が漂う。
それを明るい雰囲気で破ったのは、ハデスの姉、デメテル。
2017-01-25-01-24-04
「線引き~?海のポセイドンと冥府のハデスで、どう違うのよ」

ポセイドンはつれない表情で淡々と話す。

「海は地上と同じ、人間が暮らす場所。冥府はそうじゃない。それが線引きってことだろ。人間ではなく死者を相手にしている奴はこの場には必要ないのさ」

デルメルは不満気な表情を浮かべる。

「ちょっと冷たいわ」

「俺はあのカタブツクソマジメとは馬が合わないんでね。」

「なによそれーっ」

「つーか、早く帰りたいんだけど!せっかく晩飯食うとこだったのにーっ」

ゼウスは他の神にも意見を求めた。

「アポロンはどう?」

「僕ですか、そうですねぇー…あ、僕は今この議題の結果を予知してしまったので言わないことにします」

「!?」

ゼウスは、全然まとまらない神たちに頭を悩ませる。


一方、アポロンの帰りを待つ、ハデスとカロン。
カロンはハデスがもし十二神に入ったら、どうなるか想像していた。

あ、おれ、ちょっとフクザツかも。
ハデス様を天界にとられる…みたいな。

「あーっバカバカバカ、おれのバカッ」

突然、その場に転げるカロン。
シュンとした表情で噛みしめる。

「~~~~」

なんだよフクザツって、ワガママかよ。
自分にがっかりだ。

そこに、アポロンが帰って来た。

「ただいま、柊。どうやら待たせていたようだね。さあカロン始めよう。こっちへ来なさい

カロンの心臓が跳ねる。

キタ

ついにキタ

メンテナンス…
2017-01-25-01-35-29
ひぃぃぃいぃぃぃ

「ハデス様の加護で痛みはないんだから、大丈夫だよ、はい開腹~」

ブチブチブチと引き裂かれる。

あああ、わかる
腹に手突っ込まれてるのわかる。

腹がすかすかになっていくのわかる。

キモチワルイ
こわい…

「う」

カロンは小刻みに震え、目に涙が浮かんできた。

「うあ」

帰りたい…っ
カロンが目をぎゅっとつぶった、その時――

大きな温かい手が、カロンの震える手をしっかり握りしめた。

「落ち着け、カロン」
2017-01-25-01-35-51
カロンは大好きな主を見上げる。
手…握ってくれてる…

ふと、昔を思い出した。
女神に呪われ、狼とカラスに身体を食われたあの時も、
ハデス様はここへ連れてきて、こんな風に手を握ってくれてたっけ…

あれは嬉しかったなァ
だからおれ、がんばれた
じゃあ、今日だってがんばれおれ


アポロンは淡々と作業をつづけながら、ふと思い出したように話を切り出した。

「…そうそう、さっき会議でハデス様を、十二神に迎えるか否かの話が上がりましたよ」

「!えっ」

カロンは自分が考えていたことがあまりにタイムリーで、驚いた。

「ゼウス様からの提案でした。皆驚いて、…まあそれぞれ意見を言っていましたよ」

「そ、それでどうなったんですか…?」

「どうなったと思う?ハデス様はどうお考えなのでしょう?冥王としてのあなたの誇りは別として、長年のこの疎外を個人的感情としては、どう思っているのか。僕は興味があるんですよね」

アポロンは、にこりと不敵な笑みを浮かべた。

「だから、あなたがなんと答えるか予知を我慢しているんです。ねぇ、どうなんです?ハデス様。本当は不満に思っている?悲しんでいる?もう諦めている?それとも…」

「ちょっと待ってくださいよ、アポロン様」

カロンは声を荒げた。

なんだよその、高みの見物
なに面白がってんだよ

「アポロン様、それはいただけやせん」
2017-01-25-01-36-04
「たとえアポロン様でも、ぶっとばしやすよ」

ハデスもアポロンも驚いた表情で、彼を見ていた。
カロンは少しうつむく。

「カロン…」

―――十二神なんて、もうどっちでもいいや。
おれのフクザツ、ワガママもどうでもいい。


俺が一番大事なのは――…
2017-01-25-01-36-44
カロンはアポロンをまっすぐ見たまま、告げた。

「ハデス様にどんな未来が来ようとも、カロンはついて行きやすからね」


ハデスは表情を緩めた。

「ふ…そうか…ふふ、いつもは軽口しか言わぬのに、たまに驚くことをする…これだから、私はお前が好きなのだ」

ハデスはアポロンに向き直った。

「アポロンよ、会議の結果がどうであれ、私は十二神に入りたいとは思っていない。ときに神々は人間の戦争に、それぞれ味方をし、敵対することがある。私は裁判官。死者をすべからく裁く者」
2017-01-25-01-36-29
ハデス様…


「というのと、もう一つ。さらに個人的な感情として………そもそも面倒くさい」

アポロンは、いつの間にかワクワクした表情になっている。

「統率も何もなさそうな連中の会議など、御免被る。そっちで勝手にやってくれ」

シーン…

「はははっ、あーもう!予知しなくたって、あなたはそー言うと思いましたよ、もー!」

笑いが止まらないアポロン。

「正直僕もめんどくさいんですよねー」

「だろう?」

「ああ、一応結論をお伝えすると、十二神は現状のままになりました。ハデス様は単独の存在。同じことをアテナが言ったんです。」

「あれは賢い女神だからな。話を治めてくれてよかった。お前も実は同じ考えなのではないか?」

「あー嫌ですねー予知の力もないのに、見透かされるなんて。」

アポロンは、カロンとハデスに向かって頭を下げた。

「失礼をお詫びします。意地の悪いことをしました。カロン君にも悪かったね。すまない。」

「…あい、承知」

今日はおれがんばった…
うくれれもって冥府に帰ろう

きっとガイコツが今か今かと待っている
そーいや、コレットと最近会っていない。

明日は来るかナ?

来てやってよ、ハデス様が喜ぶからさ。
今頃、何してんのかな―――…


その頃、人間界でコレットは、海辺にいた。
美しい波打ち際で、瞳のうるうるしたかわいい生き物と出会っていた。
2017-01-25-01-37-14



Comments
更新遅くなりました。。

カロン本当に好きです…ハデス様への想い、ジーンときました。
ハデス様の人柄が、そうさせるのでしょうね。

ハデス様にどんな未来が来ようとも…ってセリフ
何かコレットとのことも想像して、切なくなりました。
幸せであって欲しいです。

コレットが海辺で何か新しい出来事が起こったようです。
海だから、ポセイドンに会ったりするのかな?
ハデスのこと、あまり好きそうじゃなかったのが気になります。



Comics