※ネタバレ・画バレを含みますので、閲覧にはご注意ください。

(LaLa2017年2月号掲載分)

「んー、みんな寝ちゃったし、私も自室に戻ろうかな」

読書をしていたミーシェは、伸びをしながら自室に戻ろうとしていた。
ふと、部屋にあった壺ががたっと動いた気がした。

「今、動いたような…?」

壺を覗き込むと、中にはギラッと光る2点の光。

ぎゃあああああ!
王宮内に響き渡る、ミーシェの叫び声。
2016-12-25-12-08-23
駆け付けたカルム王子に、動揺しながら事情を伝えるミーシェ

「つっ壺の中に目が光るお化けが…!閉じ込めちゃった」

カルムは表情を変えることなく、壺を逆さにしゆさゆさ揺らす。
中からボトっと何かが床に落ちた。

え…
フクロウ…?

「どこからか、迷い込んだのだろう」

「ごめん、私早とちりしちゃって…それにしても可愛い動物だね」

「ホラ、外に逃がしてやる。おとなしく…」

カルムがフクロウに手を伸ばすも、フクロウはさっと避けて飛び立った。
2016-12-25-12-13-42
「わっ、ちょ」

フクロウはミーシェにもフンを落とし、バカにした表情で飛び立っていった。

「……カルム王子……バカにしてたね」

「ああ…そうだな……とっ捕まえる」

怒りの空気でゆらりと揺れる。


ミーシェとカルムが王宮内を探していると、廊下の天井にとまって目を閉じているフクロウを発見した。

「…眠っているの?」

「どうだろうな、高い所だから安心しているのかもしれん。全くなめられたもんだ」

カルムは突然、ミーシェに手を伸ばすと彼女をふわっと持ち上げた。
2016-12-25-12-19-21
「ふわっ!?」

フクロウは片目をうっすら開き、チラッと2人の様子を伺う。

「で、できれば膝の所とか、服の上からもってほしいんだけど…」

真っ赤になりながら、ごにょごにょ呟くミーシェ。

「ああ、頑張って耐えろ。その様はなかなかそそられるしな」

あろうことか、カルム王子はミーシェの生足に唇を寄せた。

「なんっ――――……っ」

フクロウはその声にまたしても飛び立っていった。

「下に逃げたよっ」

「ああ、追うぞ」

カルムはミーシェを担いだまま、2階から飛び降りた。

「え、ここ二階いいいいいいいい!!」

ミーシェの絶叫もよそに、しっかりと着地したカルムはフクロウめがけて走り出す。
何とかミーシェが捕まえると…フクロウは怒りの形相で180度首を回転させた。
驚いたミーシェは手を離してしまう。

「ご、ごめん…びっくりして離しちゃった」

「構わん、またすぐに見つかるだろう、おそらくここに住み着いているからな」

「何でわかるの?」

「宮殿で使われている香の香りがあのフクロウに染みついていた。とりあえず、追うのはまたにして今日はもう休め」


ミーシェはほっと一息、風呂に入って落ち着いていた。

「はー…すっきりした。それにしてもすごく賢いフクロウだったな…すぐに見つかるって言っていたけど、そう簡単にいくのかな…」

ミーシェがふと広い浴槽に目をやると、なんとそこには優雅に浮かぶフクロウの姿が。

「みつけたああああ!!」

まだ近くにいたカルム王子の耳にも届き、ばんっと風呂場へ侵入してくる。
フクロウを捕まえようと走って来たミーシェとぶつかって、倒れ込む。
2016-12-25-12-30-27
「…襲ってほしいのか」

「違うっ!フクロウを捕まえようとしたの!!ていうかなんで入ってくるのよっスケベっ」

フクロウは泡攻撃で2人を襲うも、カルムの罠により捕獲された。

「―――さて、お前のいたずらもこれまでだな。どうしてくれようか」

ふと遠くから、従者が呼ぶ声が聞こえた。

「カルム王子、どこにいらっしゃいますか」

その声にピクッと反応したフクロウは、驚異の力で網を破り声も能登へ飛んでいった。
それを追いかけると、従者に懐くフクロウの姿が。

「勝手に部屋を抜け出したのですか?」

「くーっくーっ」

「そんなに甘えて…留守の間寂しい思いをさせてしまいましたね…」
2016-12-25-12-31-14
「――――…」

「…いや、遊んでやってただけだ」

「そうですか、良かったですねフータ」

2人は疲労困憊で部屋へと戻っていった。


*********************************
ミーシェもカルムも相変わらず、じゃれてましたね。
カルム王子って何しても様になる。笑

本編の続きも気になるところです。


おすすめマンガ一覧へ
名場面集へ