乙女よ何処へ行く

夢見る女子がお届けするマンガ情報サイト

黒伯爵は星を愛でる

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(花とゆめ 2016年22号掲載)

ギルモア侯爵邸で改めて挨拶する、レオンとエスター。
2016-10-23-15-41-18
続きを読む

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(花とゆめ 2016年21号掲載)

レオンの両親が殺された惨劇の日、
ノアに連れられたレオンはロンドンへと向かった。

しかし、途中でまた吸血鬼に襲われ、
レオンはひとり雪の舞う下町をさまよった。

「正直もう死ぬのだと思った」

レオンの隣でエスターは涙を流した。

「ごめん、寝る前にちょっとする話ではなかったね」

「いいえ、いいえ…!レオンが生きていて本当に良かったです」

レオンはエスターを見つめた。

「俺が生きていられたのは、下町に住んでいたとある親子に身体も心も救われたからなんだよ」

「そうなのですね、その方々がいなければ私はレオンに出会えなかった…心より感謝します」

その下町の親子が自分だとは知らないエスター。
レオンは微笑みながら、彼女を抱き寄せた。

「そうだね、心から感謝しているよ。あなたに逢えて本当に良かった」
2016-10-09-14-59-16
続きを読む

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(花とゆめ 2016年20号掲載)

幼い頃、レオンが初めて吸血鬼と出会った夜の話。

「君がレオン?」

見知らぬ吸血鬼の女性がにっこりほほ笑んでレオンに訊ねた。
そのまま小さなレオンをひょいと抱き上げる。

「え…わぁっ」

「はじめまして、私はクリスティアン、クリスと呼んでくれ。」
2016-09-20-13-43-04

続きを読む

※ネタバレを含みますので、閲覧にはご注意ください!!

(花とゆめ 2016年19号掲載)

レオンはエスターの手を引き、部屋へと戻る。

「え!?私がとった部屋キャンセルしてしまったんですか!?」

「ああ、キャンセル待ちの客がいたので丁度よかった。」

「でもっ、それではまたレオンとノアにご迷惑を…」

「心配せずとももうノアの部屋には行かない。話したいこともある。今夜は一緒に寝よう。」
レオンは静かに笑みを浮かべながら、エスターを振り返る。

2016-09-07-22-21-42
続きを読む

↑このページのトップヘ